6月議会は閉会。全会一致で生活者・事業者支援を求める。

6月議会が終わりました。全ての条例改正案、補正予算は全会一致で可決しました。

原油高・物価高騰への対策として、生活者、事業者支援として予算措置を求める決議が、大村市議会全会一致で採択されました。(詳細は画像をご覧ください)

市議会は市民の声を代弁する場。

直面する物価高騰に対して、生活支援、事業者支援を求める市民の声は日増しになっています。

市議会として、全会一致で市長に対して予算措置を求められたのは大きく、市民の声をしっかりと反映できたのではないかと考えます。議員各位のご理解、ご協力に心から感謝申し上げます。

私の閉会あいさつでも申し上げたように、全会一致の決議を真摯に受け止めていただき、速やかな予算措置が講じられることを期待しています。議会が終わると、出張の日々が再開です。

冗談めかして「参勤交代のような生活」と申し上げていますが、日曜日まで不在です。7月2週目は基地協議会の議長会などが控えています。各会議で大村市民の声を代弁してきます。猛烈な暑さにくらくらする毎日ですが、熱中症対策と、参院選の投票をお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

6月定例会の足音