刺激的だった第7回マニフェスト大賞授賞式。

先週の金曜日のことですが、第7回マニフェスト大賞授賞式に行ってきました。全国各地から400名近く集まる会場は六本木アカデミーヒルズ。

 

 

 

 

私は6月議会の一般質問で提案した「地元出身の飲食店と繋がることで地元産品の販路拡大へ!」というテーマで優秀政策提言賞を受賞しました。この部門の受賞者6名の中から最優秀賞が選ばれるのですが、最優秀賞は神奈川県議会の中谷一馬県議。中谷県議はリバースオークション(競り下げ方式の入札)による経費削減策を提案されました。神奈川県は実際に全国に先駆けて導入し、一定の成果を挙げたこともあり、当然の最優秀賞。さすがだなと思いました。中谷県議は説明も上手だし、爽やかな方。記念撮影させてもらいました。

 

 

 

授賞式直後に師匠・樋渡啓祐武雄市長からお祝いのお電話と、18日から開催されるフェイスブック学会へのお誘いでした。市長、ありがとうございます。

 

 

 

 

レセプションでは北川正恭先生から熱い激励を頂戴しました。昨年は同僚の園田議員、松島完県議が受賞していることもあり、「長崎の若手はよく頑張っている。もっと連携を深めて輪を広げていってほしい」と熱いメッセージでした。

 

 

 

 

特別賞を受賞した「湘南カフェ」に生出演させて頂きました。「湘南カフェ」というのは鎌倉、藤沢、茅ケ崎、平塚4市の市議による地域密着のインターネット生放送番組です。昨年11月から月1回の放送を行い、地域に自分たちの言葉で情報を発信されています。視聴者と意見交換をすることで、政策に反映させるという実践をされています。東京タワーをバックにした最高のロケーションでインタビューに答えました。なぜか、ここでもF&B良品のことをはじめ、樋渡市長の話で盛り上がりました。F&B良品はウェブ上の「道の駅」という表現が言い得て妙だなと思いました。

 

個人的に楽しく意見交換させて頂いたのは、マニフェスト大賞首長部門でグランプリに輝いた川勝静岡県知事。静岡に対する深い愛情に圧倒されました。

 

 

 

全国各地で、地域の課題と向き合いながら、解決策を創造している方々との意見交換は実に刺激的でした。自分の立ち位置がよくわかりました。私が提案しているレベルはまだまだ粗いし、大村で活用できる最先端の取り組みはまだまだ溢れています。新しい繋がりもできたので、大村にしっかり還元していきます。

 

 

今回の受賞を機に、自分の中で新しい世界が広がったことは間違いありません。支援してくださっている大村市民の皆様を始め、全ての方々に感謝の思いでいっぱいです。ありがとうございます。

 

 

お世話になっている方々へ、なかなかお一人お一人に御礼を申し上げられませんが、今後の議会の中で質の高い議論と政策提言を行うことで御礼に代えさせて頂けたら幸いです。

 

 

最後になりますが、マニフェスト大賞実行委員長の黒川勝横浜市議会議員には心から感謝申し上げます。マニフェスト大賞エントリー締め切り日(8月31日)にエントリー催促のお電話頂戴しなければ、このような機会を得ることはありませんでした。黒川さん、本当にありがとうございました。

 

2012年11月2日 村崎浩史

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です