大村市もティールブルージャパンに参加

【大村公園と新大村駅モニュメントがティールブルーにライトアップ】

子宮頸がん検診の受診啓発と HPV ワクチンの正しい知識の理解促進を目指して、世界保健機関(WHO)が主催する「子宮頸がん撲滅世界一斉イルミネーション」と連動し、「ティールブルージャパンキャンペーン」が日本中で開催されています。

大村市では、大村公園と新大村駅において、11月17日、18日の日没後からライトアップされています。市長はじめ担当部課のご理解に感謝いたします。

是非ご覧ください。

長崎市内においては、長崎県庁、長崎みなとメディカルセンター、稲佐山電波塔 もライトアップされます。こちらは、ごう まなみ県議会議員にご協力をいただきました。本当にありがとうございます。

公務上京中に宮路拓馬衆議院議員から誘われたフェムテック議連の勉強会に参加してから、今回のライトアップに繋がりました。宮路衆議院議員、一般社団法人シンクパール難波美智代代表理事にも感謝申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。