ワクチン接種経験談と上京公務終了

先週の土曜日に、新型コロナウイルスのワクチン接種(1回目)をしました。

これから接種をするという、20代、30代、40代の方向けメッセージです。

ご承知のように、副反応は個人差があるので、私の経験は参考程度にしていただきたいと思います。

⑴小さなお子さんがいるご家庭は夫婦で接種日をずらせたら理想的

⑵当日、翌日は、山道などカーブが多い道路の運転は控えた方がいい

詳細は以下に記載しますが、接種後2日間ほどは、日常と異なる感覚になります。

家事、運転に少なからず影響しますし、お子さんへの声かけ、対応などが普段のように接する余裕がなくなるかもしれません。可能であれば、ご家庭内では分散接種をお勧めします。

さて、私の経験談。ワクチン接種後の発熱はありませんでした。36度3分~7分の間で収まりました。ただし、接種6時間後から、左肩が重たくなってきて、鈍痛が走り出しました。

普段のように、重い荷物を持ったら、
「あたっ!!」となり、「そうだ、ワクチン打ったんだった」と思い出すこと、複数回。

接種12時間後から、肩が上がりにくいことを実感。そして寝返りが打てない。何度目が覚めてしまい、翌朝はいい気分とは言えませんでした。

2日後くらいまで、ワクチン接種を知らない方から、コミュニケーションで左肩をどつかれたら
「痛っ!!」と声が出るほど。

3日後の火曜日の朝は、自分の手で触れると、少し痛いくらいまでに収まりました。火曜の夕方には何も感じなくなりました。

大村市の集団接種会場では、予約時間より早めに会場へ来られる方が多いそうです。

職員によると、できるだけ予約時間ジャストにお越しください、とのことでした。待機スペースにゆとりがないので、ご協力をよろしくお願いします。

ワクチン接種は感染抑止に有効な手段。とはいえ、打ちたくても打てない方。打つことを希望されない方もいます。そういう方々への理解、思いやりも大切だと思います。

今週も公務は続いています。火曜日は、日帰りで東京出張。

ボートレース振興会、日本モーターボート競走会、施行者協議会、日本財団の方々へご挨拶にまいりました。

来年のグランプリ開催の御礼を含め、様々な意見交換をさせていただきました。お忙しい中、誠にありがとうございました。

3週連続の、公務上京は終了。

前福祉保健部長の議会事務局長が厳しく感染リスクをコントロールしてくれました。

とはいえ、リスク回避のため 日曜日までは、公務以外は最低限度の接触に抑えた生活といたします。

市政相談に関しては、電話、メールなどを中心にさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です