井手智選手が議長室へ

ドイツでご活躍中のプロバレーボール井手智選手(大村出身)が表敬訪問に来られました。

井手選手は、令和2年7月豪雨の復興支援に対して、ご寄付をしていただきました。

日本とドイツのバレー観の違い、監督と選手の関係性、リベロ適性と役割について、どの筋肉をどのように鍛えるのか、などなど多岐にわたってお話を聞いていたらあっという間。

知的な語り口と、爽快な、お人柄に魅了されました。大村でバレーボールを頑張っている子どもたち向けにバレー教室や経験談を語っていただける機会を思わず、お願いしました。

井手選手、お忙しい中ありがとうございました。益々のご活躍を応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です