大村市⇔長崎市 1日2往復の私的ハードスケジュール。

朝8時に長崎市の夢彩都へ。

 

ドットジェイピー長崎支部スタッフによる「衆院選の投票に行こう!」キャンペーンの手伝い(激励?)に行きました。「昨日の方が寒かったので、(これくらいの寒さは)たいしたことありません」と豪語する女子スタッフに頼もしさを感じました。昨今の大学生は女子が圧倒的なほどにパワフルですね。一票の重みを街頭で叫ぶ行為は決して無駄ではない。ちっぽけだけど、必ず何かを前進させているはずです。

 

街頭での活動を終え、スタッフたちと意見交換。その後は、長崎県庁で3月議会に向けたヒアリングをしていたらお昼過ぎ。15時から大村市内で打ち合わせがあるため、移動。打ち合わせが終わると、長崎インターナショナルホテルへ。

 

明日から開催される第1回賞金女王決定戦&シリーズ戦の前夜祭。全国各地からファンをはじめ、関係者が300人以上は集まっていたでしょうか。会場が湧いたのは、賞金女王決定戦に出場する12人の選手たちが登場した時。

 

皆さん、さすがにオシャレです。12人の女子レーサーは木曜日から3日間、予選を行って上位6名が賞金女王決定戦に出場できます。明日からは賞金ランキング13位以下の選手が6日間で争うシリーズ戦が開幕します。12日はレスリングの吉田沙保里選手、15日は競泳の寺川綾選手というロンドンオリンピックを盛り上げたトップアスリートも来られます。ボートレースに馴染みのない方も、色んな楽しみ方ができる6日間になると思います。

前夜祭を中座して、再び長崎市内へ。

 

OMURA室内合奏団のクリスマスパーティーに遅れて出席しました。こちらも200人を遙かに超える盛況ぶりでした。村嶋寿深子館長の高校時代の英語の先生の奥様が会場に来られていました。なんと、この日が90歳のお誕生日。合奏団の演奏に合わせて、会場でハッピーバースデーの大合唱。奥様が涙ぐまれていたのが印象的でした。

 

長崎市内の財界関係者の方からの反響は大きかったように感じました。九州に二つしかないプロオケ(もう一つは九州交響楽団)ということで、もっと活動の幅が広がるように支援していきたいというお声をたくさん頂戴しました。OMURA室内合奏団が大村だけではなく、長崎県のプロオケとして本格的に認知され、そして次なるステージに移行したことを深く感じました。村嶋館長をはじめ、合奏団のメンバーの方、関係者の方々のご努力に心から敬意を表します。

 

 

 

朝から晩までパワフルな女性を感じる一日でした。帰宅してからも、ますます痛感…。(あ、また余計なことを書いてしまったかな)

 

 

議会は、明日(11日)、委員会採決を迎えます。12月定例会は終盤です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です