.24 2019.12

全員協議会にて、

市庁舎建設予定地(大村ボート第5駐車場)の地質調査の結果が明らかにされました。

予定地に断層が発見されました。活断層であることを否定できないという結果。

園田市長に結果の受け止めを確認しましたが、

「詳細に調査をして明らかになった。活断層かどうかわからないが、(市庁舎建設計画を)立ち止まって考えていく。今年度いっぱい基本設計を行っている。受託業者とのやり取りをしながら方向性を決めていく。今後については、真摯な態度で議会に対して経過を説明していく。議員の皆さんからも意見を頂戴する」という内容の答弁がありました。

計画を進めるにせよ、事業費は想定より大幅に上回ることは間違いないでしょう。市長は、市庁舎は防災の拠点と言われていたわけで、その拠点を断層の真上にわざわざ建設するのは理解しづらいものがあります。

今回の結果が出る前から、私は現計画に反対、別の候補地(古賀島近辺、市民プール)で検討するべきと申し上げてきました。焦って早期完成は、本質を見落とす…と思っていました。庁内の雰囲気はもう無理という感じですが、まだはっきりしたことは明言されていない状況です。

引き続き現行計画の撤回を求めてまいります。これまでの積み上げは無駄にならない。これまで積み上げてきたものを活かして、新たな候補地でリスタートするべきではないでしょうか。