.27 2019.09

 

9月13日に一般質問を行いました。

 

一般質問「小中学校のトイレ洋式化」のやり取り部分です。よかったらご覧ください。

(音量ご注意!)

 

後半部分に関して、

 

「声が大きすぎる。もっと冷静に訴えることはできないのか」

 

面識のない市民の方からお電話を頂いたほど。申し訳ないが、それが私の仕事。

 

投票と血税を頂をいて議場に立っているので、こっちも真剣なのです。

 

9月補正予算に小学校10校分の5800万が計上されました。

6月議会の一般質問で中崎議員が必死に訴えたことが実現しました。

 

これから4年間かけて、全校の洋式化を進めていくとのこと。

(令和4年度で洋式化率61%目標)

 

4年間で総事業費は1億6000万円。ボートの利益が50億円あるのだから、国の交付金を待つのではなく、市独自の財源で早期整備、早期解決を行うべきと、市長の決断を迫りました。

 

役所、財政運営の論理はわかりますよ。4年間の年次計画を実行した方が、国の交付金措置など財政的メリットがある。

あちらにも、こちらと同じくらい大きな正論がある、とわかって議論をしています。

 

でも、これは市民に直接選ばれた政治家が決断するべきです。

 

役所の論理に政治家が負けたら、何のための地方自治なんだって話でね。

 

大村の教育環境を早期に整備することに反対する人はいませんよ。

子どもたちは本当に我慢を強いられています。政治決断で一気にやるべきですよ。これは。

 

大村の教育環境を整備することに、4年間かけるのはダメ。話にならん。

園田市長らしさを発揮してほしいと切に願っています。

 

 

引き続き、早期整備を求めていきます。