.19 2015.04

2007年に27歳の無名の若者を、大村市議会に送り込んでくれたのは大村市民でした。

 

 

 

2期8年の議会経験の中で、ようやく問題を解決する方法、アプローチの仕方がわかりました。演説会でお話しするように、政治はチームプレイ。個人プレイだけでは限界があることを痛感しました。それは2期目に総務委員長、都市環境委員長を務めたからこそ、わかったことでした。

 

8年間、是々非々の姿勢を貫いてきました。行政運営に足りないものに気づいたら、補えるような政策提言も行ってきました。市民からの要望、声を解決できるアイディアも提案してきました。全てが実現できたわけではありませんが、どうしたら物事が前進するのかが見えてきました。

 

ただ、2期目の私は地域の皆様と意見交換する機会が減少したことを深く反省しています。市政報告会の回数は1期目の頃と比べると大きく減少しました。地域の行事にもなかなか出席できないことも多く、ご迷惑をかけたり、姿が見えないと感じさせてしまったことを申し訳なく思っています。次の4年間を頂けるならば、原点に立ち戻りたい。1期目の頃のように、市政報告会・意見交換の場を定期的に作っていくことをお約束いたします。

 

新しい図書館、新工業団地、新幹線の開通など…。大村のこれから8年間は明るい。だからこそ、若者から高齢者までが大村でチャンレジしよう!という気持ちを後押しするムードが不可欠です。市民のチャンレジを応援するまちを目指し、今回の政策をまとめてきました。

 

政策を作るにあたっては、友人をはじめ30人近い市民の方に参加して頂いて、意見交換しながら編集を行いました。明日から7日間の選挙戦の中で、多くの声を頂戴し政策の中身をグレードアップさせていきたいと考えています。

 

私の選挙戦は連呼行為はしません。ウグイス嬢はいません。私自らがマイクで訴え続けます。お会いしたら、時間の許す限りお話を聞かせて頂こうと思います。したがって、車でひたすら回り続けるような旧来型の選挙を行うつもりはありません。

 

それでも、お騒がせすることは間違いありません。細心の注意を払うつもりですが、お子様を起こしてしまうかもしれません。できる限りの努力は致しますが、どうかお許しください。

 

「このブログを読んでくださるあなた」に会うことを楽しみに3度目の選挙、始めます。これまで支えてくれた皆様方に心から感謝を申し上げます。