.05 2015.03

3月議会は明日から一般質問です。

 

火曜日の本会議では、平成26年度補正予算が全会一致で原案可決されましたので、簡単にご報告いたします。

 

 

【補正予算の主な内容】

補正総額としては7.52億円ということで、前年度の補正予算に比べると微増。いわゆる、国の地方創生関連の補助金が交付されたことによります。

 

●市庁舎建設整備基金 積立金3億円

 

市庁舎の建替えに備えたお金を貯めておくものです。1期目の頃から、「市庁舎建て替えの基金を積むべきだ」と主張してきました。市庁舎は老朽化していますし、おまけに耐震構造を備えていません。さらに、耐震化構造にするならば10数億円の費用が必要。

 

あらゆるハコモノ計画の中で、最優先するべきは市庁舎整備だと訴え続けています。したがって、この3億円の基金積立は高く評価します。毎年、3億円以上を積むことができれば理想的です。

 

国の補正予算によって創設された「地域活性化・地域住民生活緊急支援交付金」を活用し、以下のメニューに取り組むことになりました。
●プレミアム付商品券発行事業 1.56億円

10,000円分の商品券を発行し、12,000円のお買い物ができるようにするお得な商品券です。

 

●創業支援塾開催事業 677万円

●産業支援センター設置事業 996万円

 

ようやく、創業支援、既存の中小企業支援に関する政策が具体化されてきました。特に産業支援センターは、センター長の人選が急務です。F-bizの小出宗昭さん、Oka-bizの秋元君との連携・アドバイスを正式にオファーして欲しいです。大村市だけで進めようとすると、難航すると思います。

 

●観光客受入環境整備事業 1369万円

 

野岳湖などに無線LANの整備を行うものです。

 

 

以上です。